MGMリゾート不正アクセス、流出被害者1億4千万件の情報が販売される

2020年7月に入り、米国ラスベガスのリゾートホテルなどを運営する「MGMリゾート」から流出したと見られる約1億4千万人もの個人情報が、ハッカーフォーラムにて販売されている事象が確認され、海外メディアを中心に波紋を呼んでいます。

「MGMリゾート」は2019年、海外ハッカーにより大規模な不正アクセスを受け、情報流出の懸念が生じていた企業です。

これまで「MGMリゾート」から流出した個人情報は、ハッカー自身が無料公開した過去の宿泊客など1,060万人分のデータと見られていました。ところが2020年7月に入り、問題のハッカーが「MGMリゾート」の更なる流出情報として、約1億4千万人にも及ぶ個人情報を約30万円程度で有償販売を開始。関係企業に混乱を与えている状況です。

政府関係者や有名人などの情報も

情報によると、ハッカーが公開した個人情報は、氏名や住所、メールアドレスや電話番号などの基本的な個人情報で、クレジットカード情報は含まれていませんでした。

しかし流出情報の中には、政府関係者やTwitterCEOのジャックドーシーやジャスティンビーバー、主要技術企業の従業員情報などの個人情報が内在している事実も判明。また、氏名や住所などの情報は、標的型のフィッシング攻撃などへ転用されるリスクも有しているため、危険な状況に変わりはありません。

これに対して、「MGMリゾート」は一連の事案は2019年夏に把握しており、適切に対処したとの認識を示しています。

参照NightLion hacker is selling details of 142 million MGM Resorts hotel guests/securty affairs

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?