保育士派遣などのアスカ、サイバー攻撃受け個人情報3万件流出か

人材派遣会社大手のアスカグループのウェブサイトが何者かの不正アクセスを受け、労働者情報の仮登録を済ませたユーザー最大3万件のデータが外部に流出した可能性が浮上しています。

情報によると、アスカグループへのサイバー攻撃は2020年5月に発生し、同社に登録していた派遣労働仮登録者の氏名や住所、連絡先に資格などの個人情報が、インターネット掲示板に不正にアップロードされた可能性があるとのこと。

なお、攻撃者はウェブサービスに本来想定されていない不正なコードを注入する「SQLインジェクション」と呼ばれる手口で情報を抜き取ったものと見られています。同社はウェブサイトのセキュリティを外注業者に一任しており、セキュリティ対策が不十分だった可能性が指摘されています。

「要人殺害募集」求人に法外な時給など改ざん相次ぐ、不審電話も…

今回発生したアスカグループへのサイバー攻撃被害は、ウェブサイトの改ざんや不審電話などにも繋がっており、情報流出のみに留まっていません。

情報によると、公式ウェブサイトの改ざん被害は特にひどく、同社案件の求人情報の一部が「要人殺害募集」などに書き換えられたり、労働単価において「時給150000〜300000円」など法外など金額に変更される事象が確認されています。

また、サイバー攻撃との因果関係は不明ですが、同社へ登録した一部ユーザーには発信元不明の不審な電話が架電される事象も発生。被害は甚大と言える状況です。

流出から1か月以上公表せず

アスカグループは記事発表時点でサイバー攻撃による情報流出の可能性について、正式な告知をしていません。また、流出から既に1か月が経過しているにも関わらず、被害者への個別連絡等の対応を取っていませんでした。

なお、情報によると、同社は対応が遅れた理由として、「ある程度こちらの調査が終わった時点で連絡をすることを考えていた」と説明しているとのことです。

参照人材派遣のアスカが最大3万件の個人情報を流出…1カ月以上も周知せず/dmenuニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?