サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

三井住友銀行の取引情報約7万件を記録したHDD2台を紛失|OKIクロステック

  • LINEで送る

画像:子会社における顧客資産(ハードディスク)の紛失について/沖電気工業株式会社より

沖電気工業株式会社は2020年5月1日、同社グループ子会社のOKIクロステック株式会社が株式会社三井住友銀行より受託した事業に関連して、同行葛西支店の顧客情報や取引履歴約7万件を記録したハードディスクドライブ2台を紛失したと明らかにしました。

沖電気工業株式会社によれば、子会社のOKIクロステックは株式会社三井住友銀行より事務機器の保守業務を受託し、作業を進めていましたが、この過程でハードディスクを所在不明になったとのこと。沖電気工業は紛失発覚後に捜索を進めたものの、記事発表時点で発見には至っていません。

紛失は事実も流出の可能性は低い可能性

今回のインシデントでは、ハードディスクは発見に至っていないものの、第三者による情報流出の可能性は低いものと見られています。

同社によれば、ハードディスクには三井住友銀行葛西支店で2009年1月21日~2018年10月15日にかけて取引した顧客の情報が記録されていたと判明しているものの、内部情報の大部分は三井住友銀行の仕様に従い英数字に変換されているからです。沖電気工業は今回のインシデントについて、「第三者が内容を解読することは出来ないことを確認している」との認識を示しています。

なお、三井住友銀行は紛失に伴い、被害情報を公開しています。

対象者 期間中に葛西支店で通帳の新規発行、繰越手続をした顧客
期間 2009年1月21日~2018年10月15日
件数 約7万件
内訳 氏名、口座番号、入金金額、残高、新規発行や繰越など処理の種類

参照子会社における顧客資産(ハードディスク)の紛失について/沖電気工業株式会社

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。