メール誤送信で学生の成績記録等の個人情報流出│宝塚大学

画像:お詫び/宝塚大学より

宝塚大学は2020年4月21日、大学側が学生向けに発信したメールにおいて誤送信が発生し、個人情報が流出したと明らかにしました。

同大学によれば2020年4月20日、東京メディア芸術学部で実施を予定していた前期ガイダンスの中止を学生らに通知する際、本来添付すべきファイルとは異なる、学生らの成績記録などが記載されたファイルを送信したと説明しています。

なお、送信業務は同大学の東京事務部学務課に所属する職員が担当していました。

誤送信後30分内に削除を要請

大学によれば、インシデントは誤送信の直後に発覚しました。しかし、一度発信したメールは回収が効くものではないため、大学側は被害を受けた学生らに向け経緯と謝罪を進めた上で、メールの削除を要請しています。

大学側は今後、管理体制や業務の手順を見直すなどして、再発防止に努める考えを明らかにしました。

参照お詫び/宝塚大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?