サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Zoomアカウント50万件がダークウェブで売買、二次被害発生の可能性

  • LINEで送る

画像:ZOOMより

海外セキュリティ企業の「CYBLE」は2020年4月、オンラインビデオ会議ツール「Zoom」のアカウント約50万件が、ダークウェブを通じて販売されていたと明らかにしました。

ダークウェブとは、トーアなどに代表される特定ブラウザでのみ閲覧できるウェブコンテンツやネットワークの総称です。おもにネットワークセキュリティやプログラムに知見を持つ人物などが利用するため、ハッカーが不正入手した個人情報や企業秘密を売買する目的で利用するケースも多くあります。

CYBLEが発表した内容によれば、犯人は他のサービスから流出した情報をもとに、アカウントを入手。現在はダークウェブを通じて、「Zoom」アカウント50万件を1件1ペニー未満で販売しています。

なお、流出内容にはIDのほか、メールアドレス・パスワード・ミーティングURL・ホストキーなども含まれ、多くの被害が懸念されている状況です。

流出情報が利用され二次被害の可能性

今回の流出事案では、他のビデオ会議に乱入し妨害行為を乱発する「ビデオ爆撃攻撃」やアカウントの信用度を悪用した「なりすまし行為」などが懸念されています。

流出アカウントのなかには米国コロラド大学やフロリダ大学と関連するアカウントも確認されているため、脅威度は高いと言えるでしょう。Zoom側は現在、セキュリティ強化により対策を進めている状況です。

なお、CYBLEが公表したところによると、流出情報にはメールアドレスやパスワードも含まれています。これらの暗号化されていない場合、Zoom側の対策がどうあれ、他のサービスへの転用による、さらなる二次被害発生の可能性が生じます。

参照Over 500,000 Zoom accounts sold on hacker forums, the dark web/Bleeping Computer

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。