サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

アダルト動画視聴サービスで個人情報誤表示の可能性

  • LINEで送る

画像:システムメンテナンスのご案内/SODプライムより

アダルトビデオメーカー「SOD(ソフトオブデマンド)」は2020年3月18日、同社が展開するオンライン動画視聴サービス「SODプライム」にて、他人の個人情報が閲覧できる事象が発生し、登録会員の情報が流出した可能性があると明らかにしました。

インシデントは2020年3月16日、SODプライムを利用する一部顧客から、「他人の個人情報が表示されている」と指摘が入り発覚。これを受け同社は利用していたCDNサービスにおいて、個人情報をキャッシュしないなどの対策を実施しましたが、問題の解決が見られないため、アクセス遮断を決定しサービスを一時閉鎖。今後、原因等を調査する方針を示しています。

コロナ便乗サービスでアクセス過多

SOD社はインシデント発生時、新型コロナウイルスの蔓延に乗じる形で、SODプライム登録ユーザーにアダルトビデオ200本を一定期間無料開放するサービスを展開していました。

ところが、問題となったのは同サービスによる通信トラフィックの急増で、平常時の20倍近くにまで急増。同社はこれに対処するため、アクセス集中対策としてCDNサービスにより通信サービスを提供していました。

なお、同社によると、流出の危険性のある情報は「氏名」「住所」「電話番号」「ニックネーム」「メールアドレス」「購入履歴」「視聴履歴」「レビューリスト」「投稿動画」「会員ステータス」の10項目で、発生期間は2020年3月16日~2020年3月17日とのことです。

参照システムメンテナンスのご案内/SODプライム

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。