メール誤送信で抽選応募者1,577人の個人情報が外部流出|南房総市観光協会

画像:復興対策地域利用型クーポン運用管理業務における個人情報の流出について/南房総市より

千葉県南房総市は2020年3月12日、市が南房総市観光協会に運用管理を委託する、「南房総市限定クーポン」のプレゼント関連メールにて誤送信が発生し、応募者1,577人の氏名や住所などの個人情報が、当選者60名に流出していたと明らかにしました。

市の説明によると、誤送信は2020年3月9日に発生。観光協会に所属する職員がクーポンに関連したプレゼント企画の当選通知メールを発信する際、誤って応募者全員の個人情報が記録されたファイルを添付したまま送信したというものです。

全流出先から削除同意

南房総市はインシデント発覚後、送信先の当選者60名に向けて事情を説明し、メールの削除を要請をしていました。市の説明によると2020年3月15日時点で、流出先の全員の同意が確認されたほか、外部流出による二次被害と思われる事象も確認されていないとのこと。流出の可能性は低いものと見られます。

なお、南房総市は再発防止策として、今後は個人情報を含むメールを送信する際の順守事項の徹底を進めるほか、情報セキュリティ教育を徹底するとしています。

参照復興対策地域利用型クーポン運用管理業務における個人情報の流出について/南房総市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?