サイバーセキュリティ月間スタート、都道府県各地でイベント開催

画像:みんなでしっかりサイバーセキュリティ/内閣サイバーセキュリティセンターより

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2020年2月1日~2020年3月18日にかけて「サイバーセキュリティ月間」をスタートしました。

サイバーセキュリティ月間とは、不正メールや情報流出などサイバー攻撃に対する自己防衛意識の啓発を目的とした、NISCが毎年定期的に実施するイベントです。本年度もツイッターハッシュタグ「#サイバーセキュリティは全員参加」をキャッチフレーズに、さまざまなイベントが盛り込まれています。

全国各地でイベント公開

同セキュリティー月間で、とくに注目したいのは全国各地で開かれるイベントです。期間中は東京など一都三県を中心に、NECやソフトバンク・シスコなど民間企業のセキュリティ担当者らによるセミナーなどが開催予定。都道府県各地では、各県警のセキュリティ機関による講演・勉強会なども予定されています。

また、NISCも2020年3月8日に特別イベントを開催予定。詳細は後日公開予定です。

参照みんなでしっかりサイバーセキュリティ/内閣サイバーセキュリティセンター

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?