茨城県警、押収したサーバから6,500万件のパスワードリストを発見

茨城県警は2020年1月16日、電気通信事業法違反で逮捕、略式起訴されている女性から押収したサーバに、およそ6,500万件のIDおよびパスワードリストが記録されていたと明らかにしました。

逮捕女性の端末からは、IDやパスワードを自動で入力する「リスト型攻撃」のプログラムも出現。解析の結果、プログラムはログイン可能なIDとパスワードを記録したり、自動的に分類する機能も備えていました。県警によると、見つかったプログラムによる直接的な被害は確認されていないが、サイバー攻撃に利用された可能性が高いとのことです。

女性「中国人に頼まれた」

女性は2019年5月、国に届けずに国内外から日本のサーバへの接続を中継する通信設備を自宅に設置・運営した疑いで逮捕されている人物です。

県警に捜査に対して、「中国人に頼まれた」と説明しており、複数名で共謀した疑いが持たれています。県警は背後にプログラムを生成した人物が関わっていると見て、今後さらに捜査を進める方針です。

参照IDとパスワード、6500万件流出か 茨城県警、押収サーバー確認/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?