自治体専用IaaSサービス「Jip-Base」に不具合発生、33自治体はデータ復旧困難か

画像:自治体専用IaaSサービス「Jip-Base」障害についてのお詫び(2019年12月9日時点)/日本電子計算より

日本電子計算株式会社は2019年12月16日、自治体専用IaaSサービス「Jip-Base」の不具合を原因とする障害に関する説明会を開催しました。

「Jip-Base」は日本電子計算社が自治体専用に稼働させた、自治体専用の共同利用型クラウドサービス(IaaS)です。2011年の導入以降、全国自治体で利用されてきましたが、2019年12月4日以降、障害が発生。東京都中野区で戸籍証明書が発行できなくなったり、練馬区でホームページの閲覧ができなくなるなど、複数のトラブルが起きている状況です。

記憶媒体の不具合が原因、33自治体のデータは復元が困難

日本電子計算社は会見にて、データを記録するための外部記憶装置に不具合があり、これが接続障害の原因になったと明らかにしています。

同社はストレージに致命的な異常が発生したことにより、LUNと呼ばれる論理区画がオフライン状態となり、結果的にシステムが停止したと説明。システム停止に伴って、全国自治体に障害が発生したとの見解です。

同社は障害発生後、LUNのオンライン化を進めています。しかし、障害が発生した自治体のうち、33自治体についてはバックアップデータの回復が難しく、全面復旧の見通しが立たない状況が続いています。

参照:「Jip-Base」の障害における復旧状況のご報告/日本電子計算

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?