宛先設定ミスでアドレス420件が流出│スミリンビジネスサービス株式会社

画像:メール誤送信による個人メールアドレス流出のお詫び/スミリンビジネスサービス株式会社より

スミリンビジネスサービス株式会社は2019年11月19日、一斉メールを送信した際に誤送信事案が発生し、関係者のメールアドレス420件が流出したと明らかにしました。

発表によるとインシデントは2019年11月18日、同社従業員を含めた420名に対してのメール送信時に発生。宛先設定を「BCC」形式で送信すべきところを、送信担当者が誤って「TO」形式で送信したと説明しています。

なお、メールアドレスの流出は同メールを受信した社内関係者からの指摘により発覚。同社は直ちに送信取り消し作業に着手しましたが、同社従業員6名を含めた合計97名について、アドレスの流出が発生したとのことです。

宛先設定をルール化するも誤送信が発生

スミリンビジネスサービス株式会社はインシデント発生原因を、送信設定の確認不足としています。

同社は一斉メールを送付する際、宛先を伏せる目的から「BCC」での送信をルール化していました。ところが今回の送信事案では「To」設定で送信されたばかりか、宛先決定の確認が行われず、結果としてアドレスの流出が起きた形です。

同社は今後、一斉メール送信時は「BCC」形式であることを必ず確認すること、また送信前に複数名での確認作業を行うよう定め、再発防止策に繋げる考えを示しています。

参照メール誤送信による個人メールアドレス流出のお詫び/スミリンビジネスサービス株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?