市立小学校のアカウントが乗っ取られ、大量の迷惑メールを送信│東大和市

画像:東大和市立小学校におけるメールアドレスの不正利用による迷惑メールの送信に関するお詫びとお知らせ/東大和市より

東大和市は2019年11月28日、市内の市立小学校のメールアカウント1件が外部からの不正アクセスにより乗っ取られたと明らかにしました。

市の発表によると、攻撃者はアカウントを悪用して小学校名義のメールアドレスで大量の迷惑メールを送信。メールにはウイルスが添付されており、多くのユーザーに被害が生じかねない状況です。これを受け東大和市は当面の処置として、迷惑メールの送信をブロックすると発表。しかし、攻撃を受けた原因の特定には至っておらず、今後の調査発表が待たれる状況が続いています。

情報流出は確認されていない

東大和市は今回のインシデントに伴い、市内の全小学校・中学校のメールアドレスやパスワードを変更する措置をとりました。

また、記事発表時点で個人情報が外部に流出した事実はないと発表。ただし、メールアカウント内に記録されていたアドレス帳や本文の内容によっては、今後流出事案が発生する可能性は残っています。市は今後の対策として、セキュリティ体制を強化すると発表しました。

参照東大和市立小学校におけるメールアドレスの不正利用による迷惑メールの送信に関するお詫びとお知らせ/東大和市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?