化粧品サイトで顧客情報1件を誤表示か|マナラ公式サイト

画像:「マナラ公式サイト」における個人情報流出のお詫びとご報告について/マナラ化粧品より

株式会社ランクアップは2019年11月18日、同社が運営する化粧品サービス「マナラ公式サイト」にて、顧客の姓や住所などが他の顧客から閲覧できる状態になっていたと明らかにしました。

発表によると、インシデントは2019年11月6日~7日にかけて発生し、合計12名の顧客が閲覧できる状態にあったとのこと。同社は事実関係を確認後、問題の個人情報を閲覧できないよう対策を取ったとしています。

委託会社の監督強化などを発表

株式会社ランクアップは今回のインシデント発生に伴い、システム改修時のチェック徹底や委託協力会社の監督強化、従業者への教育など、主として誤表示・誤操作対策などに用いられる施策を取っています。

また、同社は今回の事象の影響を受けた顧客らに対して謝罪を表明。今後は再発防止に努めていく考えを示しました。

参照「マナラ公式サイト」における個人情報流出のお詫びとご報告について/マナラ化粧品

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?