不正アクセスで国体参加者ら63万人分の情報が削除、開発委託先のセキュリティ不備が原因

画像:国民体育大会参加者データおよび公認スポーツ指導者データの消失について/日本スポーツ協会より

日本スポーツ協会は2019年11月15日、同協会が新システムの動作検証用サーバーにて不正アクセスが発生し、国体参加者および公認スポーツ指導者63万2,402名分の個人情報データ(一部転用・加工したもの)が消失したと明らかにしました。

発表によると、協会はシステム開発を「株式会社スポーツITソリューション」に外部委託しており、不正アクセスは同社の作業中に発生。セキュリティ体制には不正アクセスを許してしまう問題点があり、これが原因と見られています。

協会は現在、第三者機関を通じて被害状況の確認を進めています。しかし、攻撃者は内部データベースを削除しており、流出や二次被害の発生について確認が取れていない状況です。

現システムへの影響はなし

不正アクセスによる被害は、新システムの開発環境に留まると見られています。同協会は国体参加申込システムや公認スポーツ指導者システムなども運用していますが、これは別のサーバーで管理されており、不正アクセスの影響はないとのこと。

また、不正アクセス被害を受けた新システムに登録していたデータもテスト用に加工したものであり、氏名や性別・生年月日に留まります。メールアドレスや住所・電話番号などは含まれていないとのこと。詳細は次の通りです。

流出対象データ 第60回~第74回(第74回は冬季のみ)国体大会の、ブロック大会・本大会に参加した選手・監督
件数 63万2,402名分
内訳 ・国体参加者データ(氏名・性別・生年月日および国体参加履歴)
・指導者データ(氏名・性別・生年月日および指導者登録番号)

参照国民体育大会参加者データおよび公認スポーツ指導者データの消失について/日本スポーツ協会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?