顧客対応用のPC端末がマルウェアに感染、大量の迷惑メール送信|ニッポンレンタカーサービス

画像:パソコンのウイルス感染による情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び/ニッポンレンタカーサービス株式会社より

ニッポンレンタカーサービス株式会社は2019年11月7日、同社が顧客からの問い合わせ対応などに使用していたPC端末がマルウェアに感染したことにより、同端末内に記録されていた個人情報が外部に流出した可能性があると明らかにしました。

同社によると2019年10月18日以降、同社が過去関係した顧客宛に対して、同社のメールアドレスを装った送信者不明の迷惑メールが送付される事象を確認。マルウェアの影響が疑われると説明しています。

不審なURLや添付ファイルを伴うものも

同社はインシデント発生に伴い、迷惑メールの一例を公開しています。これによると、メール本文は英文で記載されており、同社のメールドメインを利用したもの。内容は同一内容のものではなく、不審なファイルが添付されているケースもあるとのことです。

なお、同社によると被害対象は2018年3月28日~2019年10月23日の期間中に、同社が送受信したメールに含まれている情報です。件数などは明らかにされていませんが、メールアドレスが本文、添付ファイルに記載されている情報について、流出が疑われるとしています。

参照パソコンのウイルス感染による情報流出の可能性に関するお知らせとお詫び/ニッポンレンタカーサービス株式会社

関連キーワード
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?