iOS App Storeのアプリ17個がトロイの木馬に感染

イギリス・ロンドンに拠点を置きモバイルセキュリティ開発を手掛けるWandera(ワンデラ)はこのほど、Apple社が提供する「iOS App Store」にてトロイの木馬に感染した17個のアプリを発見したと明らかにしました。

情報によると、問題のアプリはいずれもインドに拠点を置く「AppAspect Technologies」の製品。アプリを起動するとバックグラウンドで動きだし、特定のページを開き続けたり、リンクをクリックするなど、不審な動作を及ぼすとのことです。

Appleは既に対応済

問題の感染アプリは記事発表時点で、既に削除されています。Apple社は今回の事案について「クリックスルーを許可するコードが記述されており、ガイドライン違反」との認識を持ち、同様のアプリを審査する上で対処するツールを更新したとしています。

なお、問題のアプリはAndroid版も出ていましたが、こちらは記事発表時点で疑わしい動きは確認されていません。

参照iOS App Storeでトロイの木馬感染アプリが複数発見/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?