セキュリティコード含む10万件超のクレカ情報流出、株式会社JIMOS運営サイトへサイバー攻撃

画像:不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫びとご報告/株式会社JIMOSより

株式会社JIMOSは2019年10月15日、同社が過去に運営していた「酒蔵.com」が何者かのサイバー攻撃を受けており、同サイトの特定期間中に決済した顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があると明らかにしました。

原因は同サイトに内在していたシステム上の脆弱性です。同社は2019年8月、運営サイトのマキアレイベル・代謝生活CLUBなどでも同様の被害を確認しており、被害件数は合計10万7,661件を数えるとしています。

カード会社より指摘受け発覚

JIMOS社の説明によると同社は2019年7月26日、決済代行会社を通じてカード情報流出の懸念について指摘を受けています。

インシデントの可能性を懸念した同社が第三者機関へ調査を依頼したところ2019年9月17日、同社の各サイトからカード情報が流出し、一部顧客のデータが不正利用された可能性があると判明しました。

同社は現在、専用のコールセンターを設け対応に当たる他、モニタリング調査を要請し不正利用対策を進めている状況。なお、被害状況は次の通りです。

対象サイト マキアレイベル・Coyori・代謝生活CLUB・酒蔵.com
期間 2014年1月1日~2019年7月26日(マキアレイベルなど3サイト)
2014年1月1日~2016年3月30日(酒蔵.com)
件数 10万7,661件
内訳 カード名義人・カード番号・セキュリティコード・有効期限

参照不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫びとご報告/株式会社JIMOS

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?