決済システム改ざん、カード情報含む9万件超の個人情報流出か|京都一の傳

画像:不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとご報告/株式会社京都一の傳より

西京漬などで知られる株式会社京都一の傳は2019年10月8日、同社の公式ウェブサイトが何者かのサイバー攻撃を受けた結果、個人情報9万1,593件の個人情報が流出したと明らかにしました。

同社が明らかにしたところによると、攻撃者はウェブサイトに内在していた脆弱性を利用して内部に侵入し、決済フォームを改ざんするなどの犯行に着手。この結果、同社サイトを通じて送信されたクレジットカード情報1万8,855件や、同社が保有する会員情報・発送履歴など7万2,738件の個人情報に、流出の危険性が生じていると説明しています。

カード会社からの指摘により発覚

京都一の傳社によると2019年5月19日、同社サイトのカード決済を代行する会社より情報流出の指摘を受け、インシデント発生の可能性が浮上しました。

事案解明のために同社が第三者機関に調査を依頼したところ2019年6月9日、決済フォームの改ざんが発覚した形です。また、攻撃者が設置したと思われる問題のプログラムは、調査の過程で削除されています。

ただし、プログラムの削除対応を済ませたところで、既に流出した可能性のある情報が保護されるわけではありません。同社は関係当局に報告を済ませた上で、不正利用の監視を強化するようカード会社に依頼したり、影響を受けたユーザーに注意を呼び掛けるなどの対応を進めています。

被害状況は下記の通りです。

(1)カード決済を利用したユーザー (2)サイトを通じて注文したユーザー (3)サイトに登録していたユーザー
件数 1万8,855件 5万9,045件 7万2,738件
※(2)の注文者・発送者情報を含む
期間 2018年8月17日~2019年5月17日 2018年3月1日~2019年6月9日 2018年3月1日~2019年6月9日
項目 カード名義人・カード番号・有効期限・セキュリティコード 氏名・住所・郵便番号・電話番号 氏名・住所・郵便番号・電話番号・メールアドレス・パスワード・性別・生年月日(性別、生年月日は任意入力)

再発防止策を打ち立てる

京都一の傳社は今回のインシデントを受け、下記の再発防止策を発表しています。

  • 決済方式のセキュリティ強化を実施する
  • システムの脆弱性を定期的に診断する
  • 脆弱性対策として必要なプログラムの修正や対処を実施する

参照不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとご報告/株式会社京都一の傳

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?