フィッシングメールでアカウント7件乗っ取り、迷惑メール約4万1千件を送信|金沢大学

画像:フィッシングメールの発信について(注意喚起とお詫び)/金沢大学より

金沢大学は2019年10月16日、同大学の教職員がフィッシングメールに引っかかり、アカウントが乗っ取られる事象が発生したと明らかにしました。

発表によると、フィッシングメールの内容は同大学メールサービスの障害通知を装ったもの。メールは確認できるだけで25件の宛先に送付され、このうち7件のアカウントが奪われたとしています。

迷惑メール約4万1千件を送付

アカウントを奪った攻撃者は、迷惑メール送信の踏み台として悪用しました。

攻撃者は奪われたアカウントを装った迷惑メールを大量に送付。被害発生後に大学側が確認したところ、送信メールは合計4万1,697件にも及んだと判明しています。

事案発生後に大学側は、乗っ取られたアカウントのパスワードを全て変更した上で、学生や教職員らに注意喚起を実施。今後はメール送信状況の監視を強めていくとしています。

参照フィッシングメールの発信について(注意喚起とお詫び)/金沢大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?