防衛省が民間ホワイトハッカーを発掘、CTFコンテストで人材選別か

防衛省は2019年10月3日、サイバーセキュリティに関連する安全保障分野に民間人材を登用するため、全国から広く参加者を募る「コンテスト」を実施する方針を明らかにしました。日本国内は官民問わず、諸外国からのサイバー攻撃に悩まされる状況が続いており、現状打破に繋がる人材を求める考えです。

国はこれまで「サイバー防衛隊」などを約200人程度のチームを組織してきたが、実際に運用してみると質・量ともに十分な人材を確保できていない状況が続いているものと見られています。

民間ホワイトハッカーで打開なるか

防衛省は具体的なコンテスト内容として、「CTF」と呼ばれる能力テストを検討しています。CTFは実際の情報セキュリティー技術を問うためのコンテストであり、筆記テストなどの資格試験とは一線を画す、実務的な試験と位置付けられています。諸外国の軍隊での採用実績もある試験であり、防衛省が期待を置いている様子が伺えます。

なお、防衛省はコンテストで有望と判定された人材について、職員採用だけでなく、アドバイザーやコンサルタント的な位置づけとしての登用も想定。高度な知見を持つ人材のニーズに沿ったスタイルで、支援を求めて行こうという考えです。

年間711万件もの脅威が発生

防衛省のこうした動きには、差し迫った防衛上の脅威が影響しています。政府が定期的に発行している防衛白書によりますと、2016年度に発生した政府機関に脅威となる関連アクションは、年間711万件も発生しています。

また不正アクセスに伴う情報流出も、官民問わず続発しており、この分野へ体制整備が求められている状況です。

参照防衛省がホワイトハッカーコンテスト 高度な人材発掘へ/朝日新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?