ローソンが不正アクセス被害、アプリとサイトが停止状態に

画像:ローソン公式ホームページおよびローソン公式アプリのサービス一時停止のお知らせ/株式会社ローソンより

ローソン株式会社は2019年9月24日、公式ホームページとアプリを管理しているサーバが、何者かの不正アクセスを受けていると明らかにしました。同社は顧客への影響を考慮して、ホームページおよびアプリへのアクセスを遮断。これに伴いアプリのサービス「スマホレジ※」および、サイト閲覧ができない状態が続いています。

注:レジでの通常の決済には影響なし

原因などは一切不明

ローソン株式会社は、不正アクセスの解明および防御策を講じています。ただし、記事発表時点で詳細は明らかにされておらず、個人情報事態が落ち着いてから説明があるものと考えられます。

コンビニ業界のインシデントが続いています。2019年7月には、の大手のセブンイレブンのアプリに対する不正アクセスもありました。

参照ローソン公式ホームページおよびローソン公式アプリのサービス一時停止のお知らせ/株式会社ローソン

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?