決済フォーム改ざんでカード情報203件など流出か│株式会社ハーバルインデックス

画像:弊社が運営する「Naturas Psychos Product」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社ハーバルインデックスより

オーガニックコスメなどを扱う株式会社ハーバルインデックスは2019年9月17日、通販オンラインサイトが外部からの不正アクセスを受けたと明らかにしました。

発表によると、攻撃により同サイトで2018年12月11日~2019年1月26日の期間中にオンライン決済を試みたユーザーのクレジットカード情報203件に、流出の危険性が生じているとのことです。

システム内部に脆弱性

ハーバルインデックス社によりますとインシデントは2019年1月26日、警察組織から指摘を受け明らかになりました。

指摘を受けた同社が同日中にカード決済機能を停止し、第三者調査機関に調査を依頼したところ2019年4月22日に調査が完了。オンラインショップサイトの内部にシステム的な脆弱性が内在しており、ハッカーに利用された痕跡が確認されました。

ハッカーは同社サイトに侵入したあと、決済システムの一部を改ざんして、カード情報が流出する偽ページに誘導し、情報を盗み取り続けていた可能性が指摘されています。

不正利用に必要な全情報流出の可能性

同社発表では、今回のインシデントに伴う流出情報は下記の通り。また、これとは別に「カード決済はしていないが、決済情報を入力したユーザー」についても危険性が生じています。ただし、同社はこれを特定できておらず、件数などは未知数です。

対象者 期間中にオンライン決済を試みたユーザー
期間 2018年12月11日~2019年1月26日
件数 203件
内訳 ・カード名義人名
・クレジットカード番号
・有効期限
・セキュリティコード

参照弊社が運営する「Naturas Psychos Product」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社ハーバルインデックス

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?