誤送信で関係者のアドレス282件などの情報が流出│札幌大学女子短期大学部

画像:メールアドレス流出に関するお詫びとご報告/札幌大学女子短期大学部より

札幌大学女子短期大学部は2019年9月20日、同大学の職員が古いメールを削除する際に操作を誤った結果、お互いのメールアドレスが見える形で全登録データの一斉送信事故が発生したと明らかにしました。

同大学の発表によると、インシデントは2019年9月19日に発生。端末には職員や卒業生など合計282人分のメールアドレスなどが記録されており、これらが流出したと説明しています。

二次被害などは確認されず

大学はインシデント把握後、送信先に連絡と謝罪を実施し、個人情報の削除に向けて要請を進めています。

また、記事発表時点で悪用などの二次被害は発生していないとのこと。今後は再発防止に向けて、個人情報保護の周知徹底を進めると結びました。なお、事故で流出した情報は下記の通りです。

流出情報 件数
職員や卒業生のメールアドレス 282件
所属先等の属性 39件
携帯電話番号 1件

参照メールアドレス流出に関するお詫びとご報告/札幌大学女子短期大学部

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?