JR西日本のサイトが改ざん被害、閲覧者を不審なサイトに転送か

画像:「パンダくろしお運行スケジュール」ウェブサイトが改ざんされた事象について/JR西日本より

JR西日本は2019年9月3日、同社の「パンダくろしお運行スケジュール」ウェブサイトが何者かの不正改ざん被害を受け、アクセスした顧客が不審なアンケートサイトに転送される被害が生じたと明らかにしました。

発表によると、インシデントは2019年9月1日の16時頃より発生。手口や被害件数などは現在調査を進めており、該当サイトは一時的に閉鎖する措置が取られています。

サイトからの個人情報の流出はなし

JR西日本によると、当該サイトは個人情報を保有する類のものではないため、サイトから個人情報が流出した可能性はないとの見方を示しています。

しかし、改ざんにより設置されたアンケートサイトでは、クレジットカード情報を求める内容が表示された可能性もあり、誤入力による流出リスクが生じていると説明しました。同社は再発防止策として、セキュリティ強化を検討すると発表しています。

参照「パンダくろしお運行スケジュール」ウェブサイトが改ざんされた事象について/JR西日本

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?