講習受講者ら499件のメールアドレスを誤送信|関西国際大学

画像:メールアドレス流出に関するお詫び/関西国際大学より

関西国際大学は2019年8月24日、教員免許状更新講習の受講者へのメールを誤送信し、一部受講者のメールアドレス499件が流出したと明らかにしました。

関西国際大学によると、誤送信の原因は一斉メール発信時の設定ミス。大学はメールアドレスと個人名を伏せて送付する予定でしたが、担当者が操作を誤り、送付先のアドレスなどを開示して送信したとしています。

相次ぐ誤送信

同大学は、報告方法の見直しをはかるなどの再発防止策を示しました。しかし、メールアドレスの誤送信は、官民問わずさまざまな団体で生じています。

各組織はダブルチェックや誤送信防止システムの導入などさまざまな対応を取っていますが、時間と共に形骸化するなど完全な防止には至っていないケースも多々あります。

参照メールアドレス流出に関するお詫び/関西国際大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?