サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

個人情報保護委員会がリクルートキャリアに是正勧告、内定辞退予測情報の第三者提供問題



画像:個人情報の保護に関する法律第 42 条第1項の規定に基づく勧告等について/個人情報保護委員会より

個人情報保護委員会は2019年8月26日、リクルートキャリアの人工知能による学生の内定辞退率を企業に提供したサービス「リクナビDMPフォロー」について、是正勧告を発しました。

勧告ではリクルートキャリアの問題点として、同社は学生情報に関する顧客企業との個人データのやりとりについて、法における適切な検討をしておらず、DMPフォローに係る個人情報の適切な安全措置を講じていなかった。さらに個人情報の取り扱いに重大な変更があったにも関わらず、一部学生から必要な同意を得ていなかった点などを指摘。結果として各法令に違反すると明かしました。

個人情報保護委員会の是正勧告は?

個人情報保護委員会はリクルートキャリアに向けて、個人データの取り扱いは個人の権利利益を保護するよう組織体制を見直し、全社的に意識改革を行うよう要請しました。期限も設けられ、2019年9月30日までに、具体的な内容を報告する必要があるとのこと。

また、同委員会はリクルートキャリアの現DMPフォローのプライバシーポリシーにて、学生情報の第三者提供を記載してはいるものの、「現DMPフォローにおける個人データの第三者提供に係る説明が明確であるとは認め難い」と判断。

個人情報の利用目的は、単に第三者提供を明示するだけでは十分でなく、利用者が用途や目的を把握できる形で記載しなければならないと求めました。

参照個人情報の保護に関する法律第 42 条第1項の規定に基づく勧告等について/個人情報保護委員会







  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。