コーナンPayがパスワードリスト型攻撃を検出、流出被害無し

画像:コーナンPayサービス提供の一時停止について(第2報)/コーナン商事株式会社より

ホームセンターなどで知られるコーナン商事株式会社は2019年8月2日までに、同社が提供する電子決済サービス「コーナンPay」が外部からのパスワードリスト攻撃を受けたと明らかにしました。

コーナンPayにはアカウント登録されていないメールアドレスを入力すると案内メールを送付する仕組みになっているが、このメールが身に覚えのない人に大量送付される事象が発生したとのこと。同社は影響を受けた宛先に、メールを削除するよう呼び掛けています。

個人情報の流出などは確認されず

コーナン商事株式会社によると、一連のインシデントによる個人情報流出や不正利用などの被害が確認されていないとのことです。

(一般的に)パスワードリスト攻撃は大きな被害を呼ぶため、影響が懸念されていましたが、同社がマネーの利用履歴やアクセスログなどを確認したところ、上記のような事案が発生した痕跡は確認されなかったと説明しています。

同社は今後、セキュリティレベルを引き上げ、安全の確認ができた段階でサービス再開に踏み切るとしています。

参照コーナンPayサービス提供の一時停止について(第2報)/コーナン商事株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?