7pay不正利用の疑いで中国籍の男性を逮捕│岐阜県警

岐阜県警はこのほど、セブンアンドアイホールディングスが提供する決済サービス「7pay」の不正利用を巡り、中国籍の男性を逮捕したと明らかにしました。

情報によると、逮捕された中国籍の男性は東京都中野区のセブンイレブンにて、岐阜県に居住する男性のIDとパスワードを用いて不正購入した疑いがあるとのこと。同容疑者は容疑を認めるものの、「頼まれてやった」と話しており、犯行は他人の指示によるものと主張しています。

不正アクセス原因でサービス廃止に追い込まれる

7payはサービス開始直後から不正利用が相次ぎ、セキュリティ体制の甘さやインシデント発生後の対応のまずさに、非難が噴出したサービスです。

しかし、根本的な原因が外部からの悪意によるものである点に疑いようはなく、ネットユーザーからは、容疑者に対して厳しい処罰を求める声が出ています。

7payをめぐる不正利用被害は既に3,000万円を超えており、単独犯によるものとは考えにくいのが実情です。容疑者への捜査を通じて、真相解明が望まれています。

参照セブンペイを不正使用か 他人名義のIDなど使い商品を購入 中国籍の男を逮捕/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?