IPAが管理職・従業員向け長期休暇中のセキュリティ注意喚起を実施

画像:夏休みにおける情報セキュリティに関する注意喚起/独立行政法人情報処理推進機構より

情報処理推進機構(IPA)は2019年8月1日、夏休み期間中の情報セキュリティに関する注意喚起を発しました。内容自体は以前公表されたものですが、長期期間中のトラブルに備えて、管理者・一般従業員の双方が知っておきたい情報がまとめられています。

長期休暇前後は、トラブルが頻発しがちです。いま一度確認されてみては如何でしょうか。

管理者向けの注意喚起

管理者向けの注意喚起は、下記のようなものがまとめられています。

休暇前の対策

  • 緊急連絡体制の確認 各担当者の連絡先を確認する(変更がないかなど)
  • 使用機器の電源 使用しない端末の電源を切る

休暇後の対策

  • 修正プログラムの適用 OSやソフトウェアの脆弱性対策
  • セキュリティソフトの更新 新しいマルウェア定義ファイルをダウンロードするなど
  • サーバーログの確認 不正アクセスの痕跡などがないか

従業員向けの注意喚起

従業員向けは下記のようなものが出されています。

休暇前の対策

  • 機器やデータの持ち出し 社内規定に違反する持ち出しは避ける
  • 外部接続ルールの確認 社内規定に違反する外部接続を避ける
  • 使用機器の電源 使用しない端末の電源を切る

休暇中の対策

  • 持ち出した端末やデータの管理 盗難や紛失による外部流出を避ける

休暇後の対策

  • 修正プログラムの適用 OSやソフトウェアの脆弱性対策
  • セキュリティソフトの更新 新しいマルウェア定義ファイルをダウンロードするなど
  • 持ち出し機器のウイルスチェック 休暇中に持ち出した端末のウイルスチェック
  • 不審なメールへの警戒 休暇明けの取引先を装った連絡など、普段と異なる形式のフィッシングメールが予測される

事前の対策を怠らず、休暇を安心して過ごしましょう。

参照夏休みにおける情報セキュリティに関する注意喚起/独立行政法人情報処理推進機構

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?