国交省関東地方整備局職員が個人情報15件含んだ携帯電話を紛失

画像:携帯電話の紛失による個人情報の流出の可能性に関するお詫びとお知らせ/国土交通省 関東地方整備局 道路部より

国土交通省・関東地方整備局道路部は2019年7月24日、部署所轄の交通対策課の従業員が、業務上使用していた携帯電話を紛失したと明らかにしました。

道路部が確認を進めたところ、携帯電話には合計15名の個人情報が含まれていたと判明。同部は事案を外部流出インシデントとして捉え、発表に踏み切りました。幸い、記事発表時点で二次被害などは確認されていません。

インシデントの経緯は?

道路部によると、紛失に関わった職員は2019年7月20日、携帯電話の紛失に気付いて部署に報告。道路部はただちに携帯電話の利用停止措置を取り、警察への紛失届を提出したものの、発見には至っていないとしています。

なお携帯電話の中に記録されていた個人情報は、いずれも過去問い合わせを寄せた人の氏名や電話番号など。道路部は連絡先の確認の取れた人物らに、個別に謝罪し対応を勧めています。

参照携帯電話の紛失による個人情報の流出の可能性に関するお詫びとお知らせ/国土交通省 関東地方整備局 道路部

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?