鎌倉市が個人情報添付したメールを誤送信、7件が流出する

画像:個人情報の流出について/鎌倉市より

鎌倉市は2019年7月22日、同市が2019年8月11日に実施を予定してる「セーリング魅力発見プロジェクト!」の申請事務にて、誤送信が発生し個人情報7件が流出したと明らかにしました。

発表によると、同プロジェクトは所定様式に従っていないメール申込に対して、所定様式の案内を添付していましたが、作業の過程で職員が操作を誤り、別の申込者が記載した用紙をメール返送していたとのことです。

謝罪し情報管理体制の強化を明示

鎌倉市は今回のインシデントについて、流出対象となった申込者に個別に連絡。謝罪と報告を勧めているとしています。また流出メールを受信した申込者にも事情を説明し、メールの削除を要請しているとのこと。今後は再発防止に向けて、個人情報の取り扱いに関する研修を強化すると同時に、チェック体制の再確認に努める考えを示しています。

参照個人情報の流出について/鎌倉市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?