サイトにイベント聴講申込者の個人情報22件を誤掲載|宮崎県立図書館

画像:個人情報の流出に関するお詫びについて/宮崎県立図書館より

宮崎県立図書館は2019年7月19日、同図書館の公式ウェブサイトにて誤掲載が発生し、個人情報22件が流出したと明らかにしました。

県立図書館によると、担当者がホームページを更新する際に、誤って2017年に実施したイベントの聴講申込者のリストファイルをアップロートでしたとのこと。名簿には氏名の他に連絡先が記載されていました。

現在は削除し対応済

県立図書館はインシデント発覚後、問題のリストをホームページ上からの削除対応を取りました。また影響を受けた人物らには、個別に連絡し謝罪を完了したとのこと。

県立図書館は個人情報は運営上、最も慎重に取り扱うべきであり、今回の流出は信頼を行うものであるとの認識を表明。再発防止のため、適正な事務処理を徹底するとの考えを示しています。

参照個人情報の流出に関するお詫びについて/宮崎県立図書館

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?