メール誤送信で情報流出、同姓同名の別人に送信|トヨタツーリストインターナショナル

画像:株式会社トヨタツーリストインターナショナルより

株式会社トヨタツーリストインターナショナルは2019年7月11日、顧客から受けた問い合わせメールを社内共有する際に、社員と同姓同名の第三者顧客に向けて誤送信したと明らかにしました。

事案は2019年7月4日に発生。顧客から手配先に対して問い合わせが入った際に、社内共有を目的にメールを送信したところ、CCに社員と同姓同名の第三者のメールアドレスを入力してしまい、顧客情報が流出したとのことです。

    社員が受信せず発覚、顧客に謝罪

    同社発表によると、インシデントは同姓同名の社員への受信確認により、明らかになりました。不審に思った同社が送信履歴の確認を進めたところ、誤送信が発覚。同社は第三者顧客に連絡を取り、事実が判明した流れです。

    今回の事案により、顧客の氏名・勤務先・役職名・以前の勤務先・以前の役職名・問い合わせの内容・フライトスケジュール等が流出しています。

    同社は2019年7月2日にも、顧客の個人情報漏洩を起こしています。この際、同姓同名の別人のマイレージ番号を誤入力したことで情報流出が発生しており、再発防止に努めるとしていましたが、二度目の流出となりました。

    参照株式会社トヨタツーリストインターナショナル
    参照お客様個人情報の漏えいに関するご報告とお詫び(2019年7月11日)/株式会社トヨタツーリストインターナショナル
    参照お客様個人情報の漏えいに関するご報告とお詫び(2019年7月2日)/株式会社トヨタツーリストインターナショナル

    情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

    メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

    1.はじめに


    2.近年の個人情報漏洩の状況


    3. 内部要因による情報漏洩
    3-1.被害実例
    3−2.内部犯行による被害統計情報
    3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
    3-4.内部犯行を減らすための対策


    4. 外部要因による情報漏洩
    4−1.近年の個人情報漏洩の状況
    4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
    4−3.サイバー攻撃の統計情報
    4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
    4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
    4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
    4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
    4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

    無料でここまでわかります!
    ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?