7pay事件1,574名の被害を認定、約3,240万円の金額補償か|セブンアンドアイホールディングス

画像:セブンアンドアイホールディングスより

株式会社セブンアンドアイホールディングスは2019年7月16日、スマートフォン決済システム「7pay」の流出問題について、被害金額などの修正発表を行いました。

同社はこれまで、被害試算を約5,500万円・約900名としてきましたが、「合計約3,240万円・1,574名の被害が確認された」と修正。発表は2019年7月11日時点で、同社の相談窓口に寄せられた問い合わせや、7payによるモニタリング調査などから集計したもの。今後、被害の金額や件数は更に増える可能性もあるとしています。

2019年7月中には対応へ

セブンアンドアイホールディングスの広報は一連のインシデントについて、2019年7月中をメドに対応策を取りまとめる考えを示しています。ただし被害補償については「すべての被害を補償する方針」としながら、時期や方法は現在のところ未定。また不正アクセスの原因についても「調査中」の状況が続いています。

参照セブンペイ不正で被害額確認 1574人に3240万円/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?