学生アカウント乗っ取りで迷惑メール4,543件送信、不正閲覧の可能性も|東北工業大学

画像:不正アクセスによる個人情報漏洩の可能性及び迷惑メール送信に関するお詫び/東北工業大学より

東北工業大学は2019年7月1日、同大学に所属する学生1名のメールアカウントが、何者かに乗っ取られ、悪用されたと明らかにしました。

大学によると、攻撃者はメールアカウントを用いて合計4,543件の迷惑メールを送信。2,213件は宛先不明により正常に送付されませんでしたが、残りの2,330件については、送付が確認されたとしています。

なお学生のアカウントには、学内外関係者のメールリスト1,003 件(氏名・メールアドレス)および、送受信メール1,034件が記録されていました。こちらも攻撃者に、不正閲覧された可能性が指摘されています。

学生が気付き報告。流出原因は不明

不正アクセスは2019年5月9日~2019年5月13日の、合計4日間にわたり生じました。期間中に、学生がアカウント内のメールボックスを閲覧したところ、大量の迷惑メールの送付履歴を発見。学校側に通知し、流出が明らかになったというものです。

同大学によると、現時点で不正アクセスの原因は不明。現時点で、学生個人のウイルス感染も確認されず、アカウントを利用した大学システムなどへの攻撃も生じていないとしています。

参照不正アクセスによる個人情報漏洩の可能性及び迷惑メール送信に関するお詫び/東北工業大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?