東京高裁がベネッセに賠償命令、流出事案の精神的損害を認める判決

株式会社ベネッセコーポレーションと顧客2名の間で争われた、ベネッセによる個人情報流出問題について、東京高等裁判所は2019年6月27日、ベネッセ側の賠償責任を認める判決を出しました。

賠償額は流出1件あたり2,000円。事件は2014年、ベネッセが業務委託した会社の従業員が約3,500万件の顧客情報を持ち出し、名簿業者に売却したというものです。

情報管理に対する期待裏切った

これまでの判決は、ベネッセ側の情報管理責任は認めつつ、具体的な被害が生じていない点から、賠償責任は認められていませんでした。

しかし今回の判決では、流出により顧客の私生活に影響を及ぼす可能性は否定できず、(ベネッセに)提供した個人情報が適切に扱われるという期待を裏切った、精神的な損害を認めた形です。

参照二審でベネッセに初の賠償命令 個人情報流出巡り東京高裁/Yahoo!ニュース/

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?