設定ミスでオンラインフォトサービスの画像データ1,549件が閲覧可能な状態に|東京ディズニーリゾート

画像:東京ディズニーランドより

東京ディズニーリゾートで知られるオリエンタルランドは2019年6月26日、リゾート内の写真をオンラインプリントできるサービス「東京ディズニーリゾート オンラインフォト」の画像データが、第三者により閲覧できる状態にあったと明らかにしました。

オリエンタルランドによると、原因は発注業者による設定ミス。本来、同サービスは顧客単位で個別のアクセスナンバーが割り振るが、業者のミスにより重複したナンバーを別の顧客に割り振る事象が発生したと説明しています。

画像データ1,549件が閲覧される

オリエンタルランドが明かしたところによると、全画像データのうち2019年6月7日~2019年6月24日の利用分に、外部閲覧のリスクが発生。

既に画像データ1,549件が第三者に閲覧される被害が生じましたが、現在は重複したナンバーでは閲覧できないように対処済。氏名や住所など、画像データ以外の情報の流出も確認されなかったとしています。

参照ディズニーリゾートで写真データ流出 発注先業者のミス/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?