イオンカード不正利用約2,200万円、パスワードリスト攻撃で不正ログイン発生

画像:重要なお知らせ 不正ログインの検知について/イオンクレジットサービス株式会社より

イオンクレジットサービス株式会社は2019年6月13日までに、少なくとも708件のクレジットカードにおいて約2,200万円の不正利用被害が生じたと明らかにしました。

原因は、外部からのパスワードリスト攻撃。情報によると攻撃者は公式サイトの「イオンスクエア」にパスワードリスト攻撃を仕掛け、ユーザーアカウント情報を不正に入手。公式アプリの登録情報変更機能を用いて、別の連絡先に変更し、決済連動機能を通じて資金を利用したと見られています。

アカウント合計1,917件で不正ログインが可能な状態に

イオンクレジットカードサービスは2019年5月29日時点で、不正ログインを検出。2019年5月31日には公式サイトにて、ユーザーに向け不正ログインの検出を発表していました。

同社がその後、攻撃者の手口を調査したところ、2019年5月28日~2019年6月3日にかけて、合計1,917件のアカウントにて、不正ログインができる状態であったと確認。このうち708件のカードにて、不正利用被害が生じたとしています。

同社は現在、警視庁に被害を相談。今後に向けて対策を進めているものと見られています。

参照イオンカードで2200万円不正利用 会員アプリ悪用か/朝日新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?