不正アクセスでカード情報3万7千件超が流出、不正利用の可能性も|ヤマダ電機

画像:弊社が運営する「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社ヤマダ電機より

株式会社ヤマダ電機は2019年5月29日、同社が運営する「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」にて、第三者による不正アクセスが発生したと明らかにしました。

攻撃者は同サイトのペイメントアプリケーションを改ざんし、期間中に新規登録または登録変更されたカード情報最大3万7,832件を盗み取っていた可能性があるとのこと。同社はサイトでの新規カード登録システムを一時停止し、当面セキュリティ強化など再発防止策を実施する考えです。

インシデントの経緯は?

ヤマダ電機の発表によると、2019年4月16日にインシデントが判明。同社が調査を進めたところ、不正アクセスの疑いが強くなり、2019年4月26日に新規カード登録・変更に係るシステムを停止したとのこと。

その後2019年5月20日、調査を進めていた第三者調査機関「PCF社」の報告が上がり、今回の発表へと至っています。

2019年4月16日 「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」にて情報漏洩の可能性が判明
2019年4月26日 新規カード登録・変更に係るシステムを停止・第三者調査機関に調査を依頼
2019年5月7日 警察当局に報告・相談
2018年5月20日 第三者調査機関の調査報告が完了
2019年5月28日 個人情報保護委員会に報告
2019年5月29 日 ウェブサイトにて経緯を公表

被害規模は?

ヤマダ電機の発表によると、今回のインシデントの影響を受けた可能性のあるカード情報は、下記の通りです。

対象となるユーザー 対象期間 対象件数 対象の情報内訳
オンラインショップで新規カード登録・登録変更をしたユーザー 2019年3月18日~2019年4月26日 最大3万7,832件 カード番号・カード有効期限・セキュリティコード

なお同社は、インシデント発生から発表までの期間が遅れた点について、「正確な情報を把握する前に発表し、混乱を防ぐため」と説明。停止中のクレジットカードの新規登録・変更に係るシステムについては、今後ウェブサイトで改めて発表するとのことです。

参照弊社が運営する「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社ヤマダ電機

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?