新潟県立大学教員が不正アクセス被害、なりすましメール1万件送信

画像:メールサーバーへの不正アクセスによる学外への迷惑メール送信について/新潟県立大学より

公立大学の新潟県立大学は2019年5月27日、外部から不正アクセスにより、教職員が保有するメールアカウントが乗っ取られたと明らかにしました。

大学の説明によると、侵入者は2019年5月19日~20日にかけて、大学教授のメールアカウントを悪用。約1万件ほどの迷惑メールを外部に向けて送信したとしています。

原因などは調査中

新潟県立大学は記事発表時点で、攻撃の原因や影響の範囲について、詳しい情報明かしていません。説明によると、現在調査中であるとのことです。

ただし二次被害は確認されていないとのこと。合わせて、同大学のメールサーバーは学外のクラウドサービスを使用しており、学内ネットワークへの影響も認められないとの経ち場を取っています。

参照メールサーバーへの不正アクセスによる学外への迷惑メール送信について/新潟県立大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?