画像:一部配信コンテンツの表示情報に関するお詫び/TVerより

民法公式オンラインポータルの「TVer」は2019年4月29日、何者かの不正アクセスによるサイバー攻撃を受けたと明らかにしました。攻撃者は番組のサムネイル画像を差し替え、番組タイトルやキャッチアップストーリーなどを不正に改変。改ざんを加えたとのことです。

差し替えは下記のようなものです。

  • 「あなたの番です」 → 「あなたの番ナリ」
  • 「集団左遷!!」 → 「集団予告!!」
  • 「俺のスカート、どこ行った?」 → 「当職のスカート」 など

ユーザー情報の流出なし

インシデント発生直後は、各方面から情報流出の懸念が起きていました。不正アクセスの大部分は個人情報の窃取を目的としているため、無理のない懸念です。TVerは番組視聴者らから、アンケートを集めてもいました。

しかしTVer側は今回のインシデントについて、ユーザー情報の流出を否定。ユーザー端末への影響はなく、アンケート情報の流出もないとの立場を取っています。今後は再発防止に向け、セキュリティ対策を強化するとのことです。

参照一部配信コンテンツの表示情報に関するお詫び/TVer

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?