米国グーグル社は2019年4月9日~11日にかけサンフランシスコで開催されたカンファレンス「Google Cloud Next」にて、各サービスの機能追加などを発表しました。

特にセキュリティに関しては、共同作業などに使われる「G Suite」のセキュリティ性の向上やGoogleアカウントの新しい二段階認証などを発表。増加する脅威に対して、安全性の高いサービスで対抗する姿勢を見せています。

G Suiteやアカウントログインのセキュリティ性を向上

いまや多くの企業が活用するG Suiteについては、法人ユーザーに対してセキュリティサンドボックス機能を追加。送付されたデータを実行する際に、従来のウイルススキャン機能に加えて、隔離環境での動作チェックできるサービスを追加するなど、セキュリティ性を高めています。

またGoogleアカウントへのログイン方式に、スマートフォンを利用した二段階認証のセキュリティーキーを使用できるように改良すると発表。一般ユーザーにおいても有用なサービスを展開する予定です。

参照GoogleがG Suiteユーザー向けの新しいセキュリティツールを発表/TC

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?