NHK職員がフィッシングメール被害、個人情報流出の可能性

画像:フィッシングメールについての注意喚起/NHK大阪放送局より

NHK大阪放送局は2019年4月5日、同局職員の業務用のスマートフォンに宅配業者を装ったフィッシングメールが届き、外部関係者を含む個人情報に流出の可能性が生じたと明らかにしました。

フィッシングメールは宅配業者のものと類似した偽サイトへのURLが記載されており、リンク先サイトで情報を詐取する仕組み。本文は「不在による持ち帰り」を示唆する内容です。

関係者へ個別謝罪

NHKはインシデント発覚後、影響を受けた可能性のある関係者らに、個別に謝罪を進めているとのこと。再発防止に向け、周知徹底を進める考えです。

また被害拡大を防止するため、同様のメールが確認された場合は削除するよう発表しています。

参照フィッシングメールについての注意喚起/NHK大阪放送局

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?