サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

トヨタ傘下企業が不正アクセス被害、個人情報310万件に流出の可能性



トヨタ東京販売ホールディングスは2019年3月29日、複数の同社傘下企業への不正アクセスが確認され、ネットワークサーバーから個人情報最大310万件が流出した可能性があると明らかにしました。

サイバー攻撃は2019年3月21日に発生し、以下の関係販売企業合計8社が狙われたとのことです。

  • 東京トヨタ自動車株式会社
  • 東京トヨペット株式会社
  • トヨタ東京カローラ株式会社
  • ネッツトヨタ東京株式会社
  • トヨタメトロジック株式会社
  • レクサス小石川販売株式会社
  • ジャミール商事株式会社(レクサス練馬)
  • トヨタ西東京カローラ株式会社

グループ全体のセキュリティ対策が必要か

トヨタ東京販売ホールディングスは今回のインシデントに対して、クレジットカードに関する情報は含まれていないと発表しています。懸念される二次被害についても、記事発表時点では確認されていないとのこと。

ただし二次被害はある程度時間をおいて発生する可能性があるからか、同社は引き続き調査を進める方針を発表。今後は販売店も含めグループ企業全体の情報セキュリティ対策を徹底すると明らかにしています。

参照東京地区販売店における顧客情報流出の可能性に関するお知らせ/トヨタ


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。