トヨタ東京販売ホールディングスは2019年3月29日、複数の同社傘下企業への不正アクセスが確認され、ネットワークサーバーから個人情報最大310万件が流出した可能性があると明らかにしました。

サイバー攻撃は2019年3月21日に発生し、以下の関係販売企業合計8社が狙われたとのことです。

  • 東京トヨタ自動車株式会社
  • 東京トヨペット株式会社
  • トヨタ東京カローラ株式会社
  • ネッツトヨタ東京株式会社
  • トヨタメトロジック株式会社
  • レクサス小石川販売株式会社
  • ジャミール商事株式会社(レクサス練馬)
  • トヨタ西東京カローラ株式会社

グループ全体のセキュリティ対策が必要か

トヨタ東京販売ホールディングスは今回のインシデントに対して、クレジットカードに関する情報は含まれていないと発表しています。懸念される二次被害についても、記事発表時点では確認されていないとのこと。

ただし二次被害はある程度時間をおいて発生する可能性があるからか、同社は引き続き調査を進める方針を発表。今後は販売店も含めグループ企業全体の情報セキュリティ対策を徹底すると明らかにしています。

参照東京地区販売店における顧客情報流出の可能性に関するお知らせ/トヨタ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?