コインハイブ設置事件で無罪判決、捜査機関に欠けた"技術的な知見"

横浜地方裁判所は2019年3月27日、自身のウェブサイトにマイニングプログラム「コインハイブ」を設置したとして、不正指令電磁的記録保管罪(刑法168条の3)に問われた男性に対して、無罪判決を下しました。

裁判所は男性のサイトに設置されたコインハイブに対して、閲覧者の同意を得たとは言えず反意図性があると指摘しつつ、

  1. コインハイブが要求するCPUリソースは広告表示などと同程度である
  2. ブラウザを閉じると動作が終了する

上記の点などから、「社会的に許容されないプログラム」とは言い切れないと判断。有罪と見ていた検察の判断を、覆した形です。

注意喚起なく刑事罰は行き過ぎ

横浜地裁は今回の判決に即して、注意喚起なく不正指令電磁的記録保管罪を適用する捜査当局の姿勢に「行き過ぎ」と警告を発しています。

コインハイブなどマイニングプログラム設置サイトに関して逮捕が相次いでいた当時、メディアや警察機関はマイニングプログラムに対して十分な注意喚起をしていたとは言えず、いきなり摘発し刑事罰を課す行為に問題があるとのことです。

参照弁護側「技術的な知見の蓄積を」捜査当局に苦言 マイニング無罪判決/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?