サイバー攻撃受け情報流出「DLmarket」がサービス終了を発表

画像:「DLmarket」におけるサービス終了に関するお知らせ/ディー・エル・マーケット株式会社より

ディー・エル・マーケット株式会社は2019年3月26日、デジタルコンテンツのマーケットプレイスサービス「DLmarket」のサービスを終了すると明らかにしました。

「DLmarket」は2018年10月頃より、外部からのサイバー攻撃を受け、一時停止していたサービス。同社は当初再開に向けて動きましたが、調査を進める上でシステムの全面改修が必要と判明し、サービス終了に至ったとのことです。

市場環境や改修期間などを総合的に検討

ディー・エル・マーケットは今回の決定について、市場環境や改修に要する期間などを総合的に検討した結果と説明しています。システムの全面改修となると、新規制作同様の抜本的な作り直しが必要になるため、サイバー攻撃によりサービス終了を余儀なくされた形です。

同社は今回の発表に合わせて、カスタマーサポートを含め2019年6月28日を「DLmarket」の終了日にすると発表しています。

参照「DLmarket」におけるサービス終了に関するお知らせ/ディー・エル・マーケット株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?