生徒の個人情報57件を含んだUSBメモリを紛失、岩手県一戸町立小学校

画像:一戸町立学校におけるUSBメモリ紛失について/一戸町より

岩手県一戸町は2019年2月21日、一戸町立学校に所属する教諭が生徒の個人情報57件を含んだUSBメモリを紛失したと明らかにしました。

同町によると、紛失は2019年12月教諭から報告を受け発覚。教諭は仕事のためにUSBメモリーを持ち帰り作業を進めていましたが、翌日出勤時にUSBメモリが入ったポーチをなくしたとのことです。

捜索を進めるも発見には至らず

一戸町によると、インシデントは2019年2月7日に発生。紛失に関わった教諭は自宅など思い当たる場所を探したものの、見つけることができず、2019年2月12日に校長に報告。学校は教育委員会に報告し、USBメモリの捜索を進めましたが発見には至らなかったとしています。

なお学校側は2019年2月15日に、保護者らに事情を説明。再発防止策として、町内全小中学校の全教職員に向け、(個人情報の取り扱いに関する)研修を実施するとしています。

参照一戸町立学校におけるUSBメモリ紛失について/一戸町

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?