画像:JALマイレージバンクより

警視庁サイバー犯罪対策課は2019年2月14日までに、日本航空ウェブサイトの会員アカウント205件が不正アクセスを受け、このうち21件のアカウントから約135万円相当のマイルが流出したと明らかにしました。

事件は日本航空が警察機関に相談し、発覚。攻撃者は流出したマイルを共通ポイント「Ponta」に変換。既に約111万円相当が商品購入などに使用されたとのことです。

中国人向けサイトでポイント購入

警察は事件に関連して、2018年8月にiPadなど約12万円相当の家電製品を購入した疑いで、容疑者を逮捕しました。

容疑者は不正購入容疑を大筋で認めており、中国人向けのサイトを介して、ポイントを購入したと供述しているとのこと。伊容疑者が不正ポイントと知っていたのか、また攻撃者が販売したのか、などは明らかにされていません。なお容疑者は2019年1月にも、同様の手口でゲーム機などを購入し逮捕されています。

参照不正取得マイルで詐取疑い 中国人の男逮捕、警視庁/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?