誤送信で51名分のメールアドレスが流出、NHK放送博物館

画像:お詫びとお知らせ/NHK放送博物館より

NHKは2019年2月12日、東京都港区に位置するNHK放送博物館のイベント・坂本朋彦の「プレミアムシネマ・トーク」の参加者ら51名向けてメールを送信する際に、送信ミスを起こしメールアドレス及び一部の方の氏名が流出したと明らかにしました。

NHKによると、流出の原因は宛先欄の誤設定。イベント実施団体の担当者が参加者らに連絡する際に、同報者のメールアドレスが表示される形式でメール送信したと説明したとのことです。

受信者の指摘により発覚

NHKによると、インシデントは2019年2月8日に発生。他者のメールアドレスが表示されていると気付いた申込者による指摘により発覚しています。

メールの内容は、都内降雪によるイベントへの影響懸念を伝えるもの。同局は影響を受けた可能性のある申込者らに謝罪を表明するとともに、メールの削除を依頼したと説明しています。

なお本件による個人情報の流出など、二次被害は確認されていません。

参照NHK、51人のメールアドレス流出/Yahoo!ニュース
参照お詫びとお知らせ/NHK放送博物館

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?