画像:電子メールアドレスの流出について/横浜市より

横浜市は2019年2月5日、中区民活動センターに所属する50代の女性職員が、同センターの登録団体に向けてメールを送信する際に、設定を誤りメールアドレス149件が流出したと明らかにしました。

インシデントの直接的な原因は、担当者による宛先欄の入力ミス。センターでは外部への一斉送信は、他の受信者のメールアドレスが表示されない「BCC」形式で送信すべきとしていたものの、担当者が操作を誤り「TO」形式で送信したとしています。

担当者自身がミスに気付き発覚

横浜市によると、インシデントは2019年2月2日に発生。誤送信した女性職員自身がメール設定のミスに気付き報告したため、明らかになったとのことです。

報告を受けたセンターは2019年2月2日中に、影響を受けた登録団体に向けて、謝罪対応とメールの削除を依頼。今後は個人情報の取り扱いに関する研修の実施や、他の職員による確認の徹底などを通じて、再発防止策に努めるとしています。

参照電子メールアドレスの流出について/横浜市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?